information

Recomment

還暦祝いのプレゼントにお薦め

還暦祝いのプレゼントには、赤いもの、60歳にちなんだもの、健康関連グッズ、などを贈ることが多いです。
最近ではそれほどこだわらずに本人が欲しがるものをプレゼントする、というケースも増えていますが、行事として贈るのであれば、前述のようなものがお薦めです。
健康関連グッズで人気があるのは、マッサージチェアです。今や60歳でもバリバリ現役の人は多いです。まだ仕事を頑張ってくれているという労いも込めて、マッサージチェアを贈ってあげるのも良いでしょう。
マッサージチェアは安物から高級品までピンキリです。予算に合わせて購入するようにしましょう。
もう少しリーズナブルな健康グッズを贈りたいのであれば、まくらを贈るのも良いです。オーダーメイドも可能になっているので、プレゼントとして喜ばれます。まくらは普段自分で買うことは少ないですが、それだけにプレゼントとしてもらうと嬉しいものです。
赤いものでは、赤ワインがお薦めです。お酒好きの人であれば、普段より高級なお酒を喜んでくれます。ネーム入りラベルを入れられるものもあるので、一生の思い出になります。
特に父親に喜ばれやすいのが、趣味のものです。ゴルフ好きならゴルフのシャツ、帽子などです。読書好きなら書見台などが喜ばれます。
両親の趣味嗜好がわからない、無難なものを贈りたいというのであれば、60歳にちなんだ6万円分のギフト券、商品券などを選ぶと、ハズレがなくて良いでしょう。

古稀お祝い


-古希のお祝いは-
還暦のお祝いでは「赤色」がキーワードですが、古希では、「紫色」がキーワードとなります。では、なぜ「紫色」なのでしょう。
実は紫色は、古くから特別な意味を持つ色と考えられてきました。たとえば、聖徳太子の時代。貴族の冠位は紫色が最上位の地位を表す色でした。僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていたほど。その後、こうした考え方は一般にも広がり、紫は気品や風格を備えた色として尊ばれるようになっていきました。
また紫色は、心と体のいやし効果がある色。先人達はそれを経験から知っていて、不安な気持ちの時には身近に紫色のものを置いていたといいます。だから、古希のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードにお祝いを。もちろん、紫色にこだわらなくても、その心を大切にしてお祝いをしましょう。


-古希祝いのメッセージ-
古希となると、すでに定年退職をされている方もいれば、改めて社会の第一線を退かれるなど大きな節目に立たれる方も。それだけに、それぞれの状況に合わせたお祝いして差し上げたいものです。その際のメッセージの考え方をご紹介しましょう。

【ご本人のメッセージ】
●古希となる心情を語るとともに、周囲の方々の今後の活躍と発展を祈る言葉を折り込みましょう。その際、昔のエピソードにふれるなどすれば、話がふくらみます。
●手紙などで古希祝いのお礼を述べる場合には、簡単な近況報告を。同時に今後の予定などがあれば簡単な言葉で良いのでお知らせしましょう。
●古希を改めてお知らせするのには抵抗があるという場合は、古希を迎えられる年の年賀状の中にさりげなく記しておくという方法もあります。
<例>『私も古希を迎える年となり…』

【お祝いをされる方のメッセージ】
●古希を迎えられたご本人と祝われる方に関する思い出やエピソードを軸にして、これまでの感謝を伝えましょう。
●古希を迎えられた方の功績を語ることも、来し方を称える意味で大切です。
●健康への気遣いを忘れずに。これは、正式な場合でも内輪の場合でも重要です。